【KAORU #2】え、起業したいならシリコンバレーにE2ビザ(投資家)で滞在するのってダメなのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はシリコンバレーのイチローに俺はなる!っていうお話でした。

イチロー

こっちで起業家をするために早いうちおさえておかなかればいけない知識の一つとしてビザの問題があります。

人から聞いた話をフンフンと頷いていると、今まではどうやらE2ビザ(投資家)がなかなか良いんじゃないかと思ってました。

が、調べてみるとSearchManの柴田氏のこの記事を見つけました。( シリコンバレーで起業したいならE2ビザ(投資家)ビザは出来るだけ避けるべし )

以下、記事の一部を紹介させていただきますと…

このビザは、特定の国(例えば日本)の国籍を有する人が、議決権の50%以上を持っている場合、特定の国出身の人(例えば日本人)が投資家、あるいはマネージャーとして、アメリカで働くことができる、というビザです。

一般的には、ビザを取りたい人数 x $100-200K(1000-2000万円)程度、アメリカの会社の銀行口座にお金がある必要があって、その上で、それなりに(有形)資産を持っていなければならない(つまり、お金と事業に対して明示的にコミットしている)ということが必要です。

ああ、とりあえずお金がいるのか。なるほどなるほど。

例えば「アメリカで寿司屋を開業する」みたいな、未来永劫、自己資本をキープできる場合にはとても良いビザなのですが、スタートアップには向きません。なぜなら、シリコンバレーでスタートアップをやる場合、ほぼ確実に創業者の持分が50%を割るからです。日本人の持分が50%を割った瞬間に、(理屈上)このビザは無効になります。もちろん、アメリカの移民局は全会社の株主構成を毎日調べるわけではありませんので、バレるまでアメリカにいても大丈夫、と考える人もいるでしょうが、万が一バレたら、即刻国外通報です。(そして、これは「不法移民」ということになるので、恐らくそれ以降、アメリカに入国出来なくなるなどのペナルティが課されるでしょう。)

な、なにィ!?これは大問題じゃないか。

スタートアップで持分50%キープしなければダメって…

つまり、E2はスタートアップには向いていないのか。。じゃあ、どういうビザでこっちにくればいいんだろうか。柴田氏の提案は本当にわかりやすいです↓

簡単にフローチャートにまとめると、理系、あるいはMBA等の(初期のスタートアップに必要な分かりやすいスキルがある)人なら

  1. H1Bがタイミング的にあうなら、間違いなくH1B
  2. O1が可能ならO1
  3. L1が可能ならL1

というのがいいかと思います。この3つのビザは、グリーンカード申請もしやすいです。会社が起動に乗った時点で、すぐグリーンカードを申請しましょう。

文系の人(除くMBA)は大変です。H1BやO1はちょっと難しい場合が多いです。

  1. L1が可能ならL1
  2. それでダメなら仕方なくE2

ということになってしまうのですが、上述のように、創業者がE2でいるというのは、会社としてものすごいリスクです。投資家側から見ると、「自分が1/3のシェアを取ると、この創業者は母国に帰らねばならない」という状態になるので、普通、投資出来ません。

アメリカのビザ

まとめると、以下のビザがシリコンバレーでスタートアップをする日本人に向いてるらしい!!!

  • H1B
  • O1
  • L1

その前にE2ビザを取った人の経験談がQuoraにあったので紹介。

H1Bビザとは

H-1ビザは移民法が規定したProfessionalに発行されるビザです。H-1Bビザを取得するためには、普通4年制大学を卒業していること(または短大卒業プラス最低6年間プロフェッショナルとしての職業経験)が条件となります。

H1Bビザについて良い記事を書かれているブログを見つけました。

「情報工学出身でソフトウェアエンジニア」なんていうのが、最も望ましいタイプとなる。かすってるけど違う場合、例えば、機械工学でソフトウェアエンジニア、というような場合は、「機械工学とはいえ、たくさん情報工学系の単位を取ったのだ」などと証明することでOKになったりするようです。

なるほど、僕は機械工学専攻なので情報工学の単位をこれから取りまくれば可能性はなきにしもあらずなのか。。。

アントレプレナーにとって厳しいのはこちら。

H1Bは「雇用される人」に出るビザなので、自分がCEOでは難しい「CEOとはいえ、ボードの意思一つで首になる雇われでしかない」という論理は成り立つかもしれないが(Carol Bartz首になったし)、通常は厳しい。

また、株を50%以上持っている場合も、かなり厳しい。(が、8月に発表された米国起業促進政策に基づくビザ関連施策の一環で、「オーナーシップがあっても被雇用者であればよい」ということになった模様です。)

技としては、ボードやCEOを別の人にしたり、または、複数のファウンダーがいる場合、他の人が後述するE2ビザを取り、その人に雇われる形でH1Bを申請する、といった手が考えられる。

このE2を誰か他の人にするっていう手段も、柴田氏の分析からすると50%理論によって打ち砕かれるてしまいますね。。

たとえH1Bを自分に出せたとしても会社が投資を受けられないんじゃないでしょうか。。

H1Bは、年間で発行する数が決まっており、4月1日からカウントを始める。以前は4月1日に受付開始と共に締め切り!なんてこともあった。しかし4月1日に出して、数週間で結果がきたとしても、そのビザが有効になるのは10月1日以降。半年近くじっとまたないといけない。

O1ビザとは

O1-ビザは科学、芸術、教育、ビジネス、またはスポーツの分野で「卓越した能力を有する者」に発給されるビザです。 例えば日本の歌手がアメリカでコンサートを開く場合や有名な科学者がアメリカでリサーチに参加する場合、俳優やアニメ作家がハリウッドの映画製作に参加する場合、野球選手が大リーグでプレーする場合などです。もっと身近な例ではO1-ビザがレストランのシェフに発給される場合もあります。

これはあんまり僕にとっては現実的じゃないですね。。

L1ビザとは

L1-ビザは日本の会社がアメリカの関連会社に社員を派遣する場合に使われるビザで「駐在員」ビザとも呼ばれています。L1ビザには(1)管理者・マネージャーに発行されるビザと、(2)専門知識を持っている者に発行されるビザの2種類があります。

駐在員(の管理職の)ビザ。日本とアメリカに関連会社がある場合、その関連会社間の異動をする人に出る。が、しかし

  • 日本で既に1年以上会社が存続し、ビザ申請者自身も、最低1年以上その会社で働いている

ことが要件。なので、これは、「スタートアップからのシリコンバレー進出」とはいえ、会社をはじめたばかりではなく、それなりに日本で事業が立ち上がっている場合に考えられるビザ。

ただし、ビザ取得者がアメリカに来た後も、日本でも事業が存続しないといけないし、さらにE2同様、アメリカできちんと雇用を創出できないとならない。(そうでないと、更新できない。)逆に言えば、それなりに収益も上がっているスタートアップが、シリコンバレーオフィスを設立、という場合には割りとグッドなビザである。

Can I apply for a L1 visa for myself?

Can a startup with little or no revenue get an L-1 visa for its CEO/founder?

L1ビザに関しては上記のQuoraにも質問されていました。

結論的には日本で会社立てて、1年間しっかり働いて会社も大きくなってて、アメリカで雇用を生めるような企業であるならばL1ビザは出せるみたい。

③ アメリカに子会社を新規設立して、日本から駐在員をはじめて派遣する場合、一番最初の滞在期間が1年間に短縮される場合があります。この場合は、1年後に滞在期間の延長申請をしなくてはなりません。つまり、新規設立した会社をもとにL1ビザを申請する場合は、1年間の内に実際にビジネスを行っていることを証明して「その会社がL1ビザ申請だけのために設立されたペーパーカンパニーではない」ことを証明しなくてはならないのです。 参考

なるほどなるほど。

つまりどういうことだってばよ

日本で1年以上会社で働いていて(この場合はCEO兼Founder)として、アメリカに子会社を立てる!っていうときにL1ビザを申請するのがベストですね。至極当たり前の結果だってばよ

チャットワークの山本氏のブログにてL1ビザと格闘されてる記事を見つけることが出来ました。

アメリカ就労ビザ更新拒絶、そして再取得までの道のり

こうやって、リアルな情報を書いて公開して頂けるのは本当に助かりますね。そして、L1ビザ取得だけではなく、更新の厳しさを知ることも出来ました。

つまり、ビザが先なんじゃなくて実績を出せば、世の中に認められれば勝手にビザが降りる仕組みになっているということだよ。ビザを気にするんじゃなくて、良い物をつくることだけに集中していればビザなんか勝手に降ってくるんだよ。

by FreeRider

アメリカで生活したい外国人にとって、常に頭の中を渦巻くビザの問題ですが僕は調べてみるとスッキリしました!!!!⊂二二( ^ω^)二⊃ぶーん

その他参考になりそうな記事

渡米して就労。渡米して起業。最近の事情についてのメモ

起業家と外国人の相関

次回、資金調達や日本国内のベンチャーキャピタルについて書きたいと思います

サラバ!!!!

The following two tabs change content below.

kaoru

自称カオスな流浪人。アニメとテクノロジーが大好きなヤツ。 関西の大学生ではあるが、留年というボーナスチャンスを機会に休学しMacbook片手に上京。表参道のシェアハウスに住みITベンチャー企業でインターンを嗜むという一見リア充っぽい半年を過ごしたあげく2015年4月からインドのバンガロール、2015年10月からシリコンバレーへとIT修行に出る。 ちゃらんぽらんに見えるが日本の未来をしっかりを見据えた「トビタテ!留学JAPAN 日本代表学生」の1人でもあったりする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加