シリコンバレーからの2016年への抱負

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大まかに2015年を振り替えって、2016年何をしたいのかまとめておこうと思います。

2014年秋から大学を休学して2015年3月まで東京でインターンしてました。

その間東京で人脈の広がりを感じて、就活の真似事のようなことも経験させてもらいました。
頑張ってる学生のフリをすれば沢山の企業の人が時間をさいて会ってくれるのは本当にありがたくて大先輩からのアドバイスは自分の人生の指針になったと思います。
でも東京にいてた頃は声を大にして将来起業したいんです!なんてことは僕は言えなかったです。
面接や面談をしてくれる企業の人にもきっぱり1年で辞めたいです!起業したいんで!みたいに言うことは失礼だし、なにか違うと思ったし、自分は何の能力もないただの学生でしかなかったし、文字通り口だけだったので。
別に言えたけど、そう言って実際なにもしない意識高い系の学生の一人にはなりたくないというちんけなプライドだけはありました。

そもそも起業したい学生ってなんなの?って感じですよね。よくいるけど、将来起業したいって言ってる人と実際に起業してる人の違いって何なのかなって考えますたまに。
いく先は見えないけど、自分の責任で舵を取る覚悟があり、そこに人を巻き込めるかどうかだと思います。
学生だろうが社会人だろうが起業して失敗する確率も成功する確率も別に変わんないと思うんですよ。

遡ると、留年をきっかけに時間が有り余って、図書館に籠って、啓発本を読み漁ったり、TEDをぼーっと見たり、1人でドライブ行ったりするようになりました。
次第に周りと距離ができはじめて、孤独の時間を噛み締めることが出来るようになるとジョブズの他人の人生を生きるなっていうメッセージが沁みるようになっていました。

"Your time is limited, so don't waste it living someone else's life." -Steve Jobs

人生で大きな挫折とか、時間的猶予ってどこかのタイミングで必要だと思うんですよ。自分を見つめ直すために。
一部のすごい人たちはそんな無駄なしに自分を貫き通せてるんですごいなぁと思うんですけど、僕みたいな凡人は猶予を与えられたり何かきっかけがないと知らない間にみんなと同じように進学して、その地域コミュニティの大多数が良いとしているレールの上をふんぞり返って歩いてしまうんですよね。それが例え自分の潜在的な意思とは関係なくても社会に流されて。その地域の社会で生きるにはそれが"上手く"生きるコツなんだと思います。
でもふとしたときに、本当に自分のやりたいことを突き詰めて成果を出している同世代とかを見るとそういう人はなぜか自分の中にすごい嫉妬心を感じるんですよね。
やっぱり自分で道を切り開いていく人って誰が見てもかっこいいと思うんですよね。

東京にいる半年の間、インドもアメリカも行けるかわからなかったけど虚勢を張り続けました。
インドに行くで!そのあとシリコンバレーでIT修行するで!
これ落ちてたら本当に恥ずかしいと感じてた思うんですよね。どうしてたんでしょうか僕は。

あのときの僕にはトビタテの応募に落ちたときの進路をリスクヘッジして水面下で何かたくわえておくような余裕は無かったし、それをすることによって海外に出るモチベーションが減るのもナンセンスだったので失敗することを視野に入れていなかったのだと思います。

自分で自分を一番活かせる生き方をしていかないとあっというまに自分の全てを無駄にした人生が終わってしまう気がします。
海外に出てみて思うのは、どこの国も個人単位で接するとほとんど同じ人間なんですが、コミュニティとして捉えたときに思考のベースとなる善悪やライフスタイルについての考え方が少し違うということです。
留学に来てスキル面で得たことはもちろん沢山あります。が、生き方や考え方、ハメの外し方も色々知りました。これらは日本に居てると絶対に知ることが出来なかったので僕の中では非常に価値の高いものだと思っています。色んな種を仕入れた感覚ですね。

そして今サンフランシスコで取り組んでいるプロジェクトを帰国までの間に形にして、帰国後も続けていきたいと思ってます。(近日公開)
大したものではなくても、今自分の持ってるリソースを何か形にしようという時間を毎日意識的に作ることはクリエイティブに生きるコツだと誰かが言ってた気がします。僕です。

2016年は、4月から1年間大学に戻って関西にいる。。でしょう!笑
逆にいうと僕の人生で関西で過ごす最後の1年間になると思います。
まずは泥臭くプロダクトを作るようなチームメンバーを見つけて毎日夜まで熱く働けるようなメンバーと一緒に事業をやりたいですね。

卒業してからはどうなるか本当にわかりません。
けど、常に自分の持ってる能力を使って世の中を少しでもよくするアウトプットはし続けないと歯車にされちゃうんで自発的に行動するように心がけていきたいですね。

本当に今は自分自分ってばっかり言って子供みたいですし、周りの方々には迷惑しかかけてないと思います。
特に日本にいる方とは現状に集中するために疎遠になってしまったし、3月以降帰国するのが楽しみでもあり少し億劫でもあります。

けどいつか近い将来、身の回りの少しの人間を自分以上に大切に思えるタイミングが来たら僕はまた人間として新しい角度から物事を捉えられるように進化できるんではないでしょうか。
2015-2016

————————————–

I’m looking on this year’s activities and making a new year’s resolution.

I've been absented from school since 2014 fall and moved to Tokyo to work as an Internship.

I developed a network of contacts to broaden my horizons and participated some job hunting event during the period.
If I pretend I'm a good and super motivated student, a lot of employers can interested in me. I got good advice about my life from big senpai. I really appreciate it.

Although I couldn't shout from the rooftops I want to set up my company! during employment interview.
I thought it doesn't make sense at that time. Because I was normal student who doesn't have any special abilities.

What is the student who want to set up company in the first place?
I sometime think about different person who says I want to set up company in the future between person who already has done it.
I think person who already done it has determined to take the helm by them self and can involve people even can not see their destination.
I think success rate is not depend on their status. student or worker.

Date back about few years I failed examination because I didn't go to school and work hard. It's good opportunity for me. Thanks to it, I had a lot of time for myself. I could come to stay in the library all day long and read books watched good presentation, and go for a drive alone.

Gradually I came to get someone wide berth and I could taste happiness of loneliness.
The words touched the very core of my heart.

"Your time is limited, so don't waste it living someone else's life." – Steve Jobs

I think time for considering your self or experience some frustrations in your life is necessary to take a look at yourself again.
Some people who are super can find way without detour. But normal people who likes me can't find way.
If I didn't have any opportunity to think about myself, I just walk on the rail without any emotions and thinking because people do it even potential mind says "no".
I think it's technic to live well their small community.
However you envy someone being just charging head first towards their dream.
when you least expect it
Absolutely everyone think pioneer is cool.

While I was in Tokyo I continued to say I will go to India and Silicon Valley, even it's only bluff.
I think if I had not been selected,I might have felt like two cents. What did I do?
At that time I couldn't afford to make another plan as risk hedge and I din't want my motivation to go down.
So that's why I didn't think anything about failure.

If you don't live for using the existing resources in yourself, it may waste your life.
Since I have lived in other country I think people is almost the same but when I think about local community it's a little different. Life style, basic stance of good and evil.
Of course I got many skills through studying abroad. I also learn how people live, people thinking, and how to make merry. These things are very valiant for me. I feel like I get some seeds.

I want to cast my project into shape until I go back to Japan and keep working.
Someone says that if it's not big deal, you should try to spare time for creating something by resources which you have everyday. This is the point of living the creative life.
Someone is me.lol

I guess I'll be Kansai from 2016 April.
This year is the last time to live in Kansai.
First when I back to Kansai I want to make a good team and work hard play hard.
I'm not sure after I graduate.
But I want to endeavor to use my abilities to make better world.

I'm really childish because I mention all myself and I'm very selfish.
Especially I become estranged from people in Japan. I'm looking forward to meet that people. And to be honest, it is a hassle for me to see that people.

In the near future, if I think someone is more important than me, I can be able to see things from a different angle probably.

2015-2016

Taishi Yamasaki

The following two tabs change content below.

kaoru

自称カオスな流浪人。アニメとテクノロジーが大好きなヤツ。 関西の大学生ではあるが、留年というボーナスチャンスを機会に休学しMacbook片手に上京。表参道のシェアハウスに住みITベンチャー企業でインターンを嗜むという一見リア充っぽい半年を過ごしたあげく2015年4月からインドのバンガロール、2015年10月からシリコンバレーへとIT修行に出る。 ちゃらんぽらんに見えるが日本の未来をしっかりを見据えた「トビタテ!留学JAPAN 日本代表学生」の1人でもあったりする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加